日々の雑感帖。小説は25pmにて公開しています。
私に利益の入るアフィリエイト等はございません。

 

舞姫

川端康成舞姫』を読んだ。最初はつまらないと思ったが、読み進めるにつれてそれぞれの思いが交錯しながら手探りで進む姿に魅入られた。情景描写ではなく、心情をメインに据えているのが著者にしては珍しく感じられ、こういう書き方もあるのかと思った。全体を通しての信頼できる安定感は健在で、純粋にそういうものが読めるのがたまらなく嬉しかった。ただ、当時の状況を知らないので理解しきれない部分があるのと、途中で挟まれる歴史の記述が冗長だったことは残念だった。

 

ためになったのは三島由紀夫の解説で、深みを出す方法とか、ただの書評家では考えない角度から分析されていた。人物としても思想としても好きな人だが、抽象的でわざと句点をつけないし、もっと他人に分かりやすく書かないと、煙に巻いているようにとられても仕方がないのではとも思った。それ以上よい表現方法がないし心の感じるままに書いたのだということは理解するが、できれば解説の解説がほしいほどだ。