日々の雑感帖。小説は25pmにて公開しています。
私に利益の入るアフィリエイト等はございません。

 

読書

書くと言いつつ本を読んでいる。森見登美彦夜は短し歩けよ乙女』を読んでいます。これは素晴らしい。初めラノベとは思っていなくて面食らったのですが、読んでいくと久々に中毒性がある本に出合えたなぁと。ラノベの文体に固めの成句が融合されていて、慣れれば独特の世界に行けます。梨木さんの本だったり、川端さんの本だったり、本書にしても、文体と世界に根がしっかりあると読んでいて気持ちがいいし、それが自分好みなら私にとって素晴らしい本になるということをあらためて思いました。ほかの人物とか思想とかそういうものは二の次。うーんいい本。