日々の雑感帖。小説は25pmにて公開しています。
私に利益の入るアフィリエイト等はございません。

 

7人の侍、羅生門、用心棒

黒澤明の映画を3本見ました。

 

『7人の侍』は人間の本質が昔の飾らなさの中で際立っており面白かったです。ここに映っている本質は現代でも変わらない気がしました。観た3つの中ではいちばん好きです。

 

羅生門』は芥川龍之介のものを想像していたらまったく違いました。回想が多い作品は苦手なので、作者が言わんとすることは理解できましたが楽しめませんでした。

 

『用心棒』これは完全に娯楽作品だと思いました。ヒーローと悪の組織とのやり取り。白黒の映像のなかでの王道展開は面白かったです。