日々の雑感帖。小説は25pmにて公開しています。
私に利益の入るアフィリエイト等はございません。

 

ブシメシ!

土山しげるさんの漫画『ブシメシ!』を読みました。江戸時代の人物、酒井伴四郎が残した日記をもとに描かれた、食事をメインとした漫画です。これがすごく味があっていいのです。文化や暮らしについても触れられていて、江戸時代には江戸時代のよさが、今には今のよさがあることを改めて感じました。昔は不便だったと思いますが、便利な今と比べて人は幸せではなかったかというと全くそんなことはないでしょう。そういう日々の暮らしにある楽しさが伝わってきました。

 

当時は朝に米を炊いて夜はその残りで茶漬けというのが一般的だったそうで、お金のない私もここ一週間ほど夜は茶漬けのみで過ごしていました。そのせいで今日偶然たべたカツオのたたきは、美味しすぎて、本当に声が出てしまいました。図らずも口にできたカツオですが、ブシメシにも初ガツオは江戸っ子にとってとても大切なものだったとあったのを思いだしました。少し凍っていたのでもしかすると初物ではなくもっと前に獲れたものなのかもしれませんが、気持ちだけでも素朴な江戸時代を感じられた気がしました。