日々の雑感帖。小説は25pmにて公開しています。
アフィリエイト等はございません。

 

月姫

TYPE-MOONさんのアドベンチャーゲーム月姫』 をやりました。うん話は楽しかった。特に屋敷内の話が面白かった。

ここ最近アドベンチャーゲーム、俗に言うサウンドノベルが楽しくって、『ひぐらし』 『うみねこ』 『Kanon』 『Air』 『Clannad』 『智代アフター』 『Planetarian』 『沙耶の唄』 『月姫』 『Fate/stay night』 『Fate/hollow ataraxia』 とよく聞くものを連続してやってきました。そこで思ったのは、次のページへ移る間隔が本に対してかなり短いので、文の流れがたびたび断ち切られてしまう。その時に絵が変わったりしてそれはそれで面白いのだが、純粋に文を楽しむということはなかなか難しいように思う。ストーリーは娯楽性を重視しているものが多く、もう少し落ち着いた感じのものがあってもいいのではないかと感じた。これは私がそういった作品を知らないだけなのかもしれませんが。その中で 『ひぐらし』 だけは異質で、娯楽性もあるけれども、ちょっと突っ込んだ落ち着いている部分もあって、最高傑作だと思う。

文を楽しむ小説、気楽に娯楽を楽しめるアドベンチャーゲーム、というのが現時点での所感。


追記
月姫』 をプレイ中、音楽ないのかなぁと思っていたらCD本体を入れとかないといけないとのこと。それとWindowsXPでは立ち絵の切り替わりがもの凄く遅く、プレイに難があるというレベルではありませんでしたが、偶然2chブラウザのJane styleというものを起動したままプレイすると正常に動作することを発見しました。ググっても対処法は無いという記事ばっかりだったので、これは広まってほしい。が、いかんせんネット僻地のこの場所に書いても意味ないという。。